スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛みは「さする」と効果あり 無意識に神経修復 群馬大(産経新聞)

 打撲した場合などに痛む場所を「さする」という動作には、傷ついた神経回路を修復する効果があるとの研究結果を、群馬大大学院の柴崎貢志講師(分子細胞生理学)らがまとめた。柴崎講師は「さする行為には、神経再生を促そうという無意識な意味が込められているのではないか」と話している。

 柴崎講師らは、神経細胞にあって熱を感じるセンサーの役割を果たすタンパク質「TRPV2」に注目。マウスなどの細胞を使った実験でTRPV2があると、TRPV2をなくした細胞に比べ、刺激を伝える神経の「突起」という部分が長く伸びた。

 「さする」行為と同様の刺激を与えるため、TRPV2がある人間の神経細胞を載せた膜を引っ張ると、細胞が反応することを確認。TRPV2が物理的な刺激を受け止めるセンサーの役割を果たし、人間でも突起が伸びて神経が再生するのを促していると考えられるという。

 将来、胚(はい)性幹細胞(ES細胞)やiPS細胞などを使った再生医療技術と組み合わせると、効果的な神経再生に役立つ可能性があるのではないかとしている。

 自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)との共同研究

テレ東、BSジャパンなどグループ3社が経営統合で合意(産経新聞)
校長と引率教諭を略式起訴=小6天窓転落死-東京地検(時事通信)
官民の人事交流を促進=鳩山首相(時事通信)
霧島山・新燃岳が小噴火=30日朝、1年7カ月ぶり-気象庁(時事通信)
基地機能、5割超を県外移転=政府が方針-普天間移設(時事通信)

<奈良5歳餓死>両親を起訴 保護責任者遺棄致死罪(毎日新聞)

 奈良県桜井市の吉田智樹君(当時5歳)が餓死した事件で、奈良地検は24日、父親の会社員、吉田博容疑者(35)と母親のパート店員、吉田真朱(まみ)容疑者(26)を、保護責任者遺棄致死罪で奈良地裁に起訴した。2人は遅くとも09年9月ごろから、十分な食事を与えていなかったという。

 起訴内容は、博、真朱両被告は、09年9月ごろには長男智樹君が衰弱していたのに、適切な診療を受けさせず、わずかな飲食物を与えるだけで放置し、今月3日に栄養失調で死亡させたとしている。両被告の認否や動機について、地検は「裁判員裁判対象事件のためコメントしない」としている。

 捜査関係者によると、06年12月に長女(3)が誕生、家族は6畳洋間と2畳のロフトのアパートで4人暮らしになった。部屋が手狭になり、智樹君だけをロフトに上げたが、智樹君は親の注目を引こうと物を落としたりし、真朱被告が手を出すようになったという。

 08年4月ごろまでは家族4人で外出していたが、真朱被告が09年5月に同県橿原市のスーパーで働き始めると、長女だけを託児所に預け、智樹君は自宅に放置。同9月ごろには1日に細巻きずし2本と水程度しか与えなくなり、智樹君は10年2月末ごろから、食事を受け付けず、自分で歩けない状態になったという。

 平均的な5歳児は身長110センチで、15~20キロの体重があるが、智樹君は約85センチ、6.2キロしかなかった。【上野宏人、大森治幸】

【関連ニュース】
男児餓死:保護責任者遺棄致死罪で両親起訴 奈良
奈良5歳児餓死:生後すぐ虐待か…耳たぶに内出血
奈良5歳児餓死:逮捕の母親 夫から日常的に暴力
5歳児餓死:「夫婦不仲、子に矛先」逮捕の母供述
虐待:食事与えず5歳児餓死、体重6キロ、父母逮捕 奈良

<クリスタルキング>解散発言での賠償請求を棄却 東京地裁(毎日新聞)
「TOKYO1週間」6月で休刊…関西版も(読売新聞)
<平塚競輪場>「チャリLOTO」6億円超す 当選なく(毎日新聞)
100人に7人が離婚=10代女性、1年間で-厚労省(時事通信)
「鳥島などの射爆撃場返還は困難」沖縄防衛局(読売新聞)

井手元会長ら3人強制起訴へ=検察審査会が議決-JR福知山線脱線事故・神戸(時事通信)

 乗客106人が死亡した2005年4月のJR福知山線脱線事故で、業務上過失致死傷容疑で告訴され、検察が不起訴処分としたJR西日本の井手正敬元会長(74)ら歴代社長3人について、神戸第1検察審査会は26日、再審査した結果、強制的に起訴すべきだとする起訴議決をしたと公表した。今後、裁判所が指定した検察官役の弁護士が起訴する。
 脱線事故では、神戸地検が前社長山崎正夫被告(66)を在宅起訴しており、JR西の歴代社長4人が裁判で刑事責任を問われる異例の事態となった。
 他に起訴議決となったのは、南谷昌二郎前会長(68)と垣内剛元社長(65)。
 審査会は最初の審査で昨年10月、不起訴とされた井手元会長ら3人を起訴すべきだとする起訴相当を議決。神戸地検は同12月、いずれも過失は問えないとして再び不起訴としていた。 

【関連ニュース】
元専務、遺族集会で謝罪=JR福知山線事故
重傷の近大生が卒業=「一日一日必死だった」
福知山線事故で初の整理手続き=JR西前社長、否認の意向
2000個、追悼のともしび=通行人も参加、福知山線事故
検察審査会、遺族から意見聴取へ=歴代社長の起訴可否検討

敏いとう氏を参院選擁立=国民新(時事通信)
平城宮跡で雑草燃える=建造物被害なし、2人補導-奈良県警(時事通信)
トヨタ工場で小規模爆発、作業中の1人軽傷(読売新聞)
<訃報>金嬉老さん81歳=寸又峡事件の元受刑者(毎日新聞)
<未成年後見人>「分析したい」長妻厚労相(毎日新聞)

<高木美帆選手>1人の「卒業式」…北海道・札内中(毎日新聞)

 バンクーバー冬季五輪女子スピードスケート代表の高木美帆選手(15)の中学卒業を祝おうと、在学する北海道幕別町立札内中で24日、高木選手1人のための“卒業式”が開かれた。

【関連記事】京大も卒業式 

 同校の卒業式は15日に行われたが、高木選手は五輪後も世界ジュニア選手権(モスクワ)に転戦し、地元に戻ったのは16日。24日は、すでに卒業式を終えた同級生や大勢の後輩が見守る体育館で五輪出場を報告し、壇上で卒業証書を手渡されると、大きな拍手で祝福された。

 式後「今日で制服も着られなくなるんだな」と寂しげな様子の高木選手。「あっという間の3年間だったけど、五輪に出たことが一番の思い出」と中学生活を振り返った。

 4月からは、ともに世界ジュニアに出場した姉の菜那選手(17)=2年=も通学している帯広市立帯広南商高に進学する。【田中裕之】

【関連ニュース】
【写真特集】バンクーバーのヒロイン:15歳の新星・高木美帆(スピードスケート)
高木美帆選手:「努力を忘れない」 町民栄誉賞表彰式
五輪スピード:田畑が涙、高木「感動」…団体追い抜きで銀
五輪スピード:15歳の高木、少し満足げ 千五百23位
五輪スピード:高木美帆、声援で先輩後押し…女子追い抜き

診療報酬改定受け「地域・院内での連携を」(医療介護CBニュース)
<日米密約>西山さん「国政調査権発動を」 衆院外務委(毎日新聞)
愛子さまクラス替え特別配慮 「問題児童と同じにしない」(J-CASTニュース)
<雑記帳>謎の組織が食べ歩きラリー 大分・別府(毎日新聞)
【いきいき】絵地図師・散歩屋 高橋美江さん(産経新聞)

<みんなの党>「参院選出馬20人以上に」渡辺代表(毎日新聞)

 みんなの党の渡辺喜美代表は22日、愛媛県宇和島市で開いた記者会見で、今夏の参院選に関連して「2けたの議席を目指している。選挙のプロに言わせるとみんなの党が20人くらい(議席を)取れそうという分析もあるようだ」との勝算を示した。そのうえで「選挙区、比例代表どちらも2けた、合わせて20人以上は候補者を立てる」と語った。【柳楽未来】

【関連ニュース】
参院選:源純夏氏が立候補辞退 自民公募の競泳メダリスト
自民党:参院選目標「100から90議席に」…谷川秀善氏
公明党:参院選「他党候補推薦せず」発言を撤回 山口代表
公明党:今夏参院選、他党の推薦せず…自民との協力見直し
参院選:みんなの党が大学教授擁立 東海で初の公認候補

4月25日に県内移設反対集会=県議会全会派が一致、普天間問題-沖縄(時事通信)
へき地保健医療計画対策の報告書案を了承―厚労省検討会(医療介護CBニュース)
「欲望抑えきれず」中1男子にわいせつ行為 容疑で男性教諭ら逮捕(産経新聞)
高1長女の交際相手殺害、父親に懲役8年判決(読売新聞)
主観的理由、規制せず 2次元児童ポルノ 都が緊急見解(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。