スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主の渡部氏が「政局を迎えた」 と、鳩山政権の先行きに強い危惧(産経新聞)

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は14日の講演で、鳩山政権について「誕生から7カ月。大したもんだと思い出すことより、しなければよかったと思うことばかりで、今、政局を迎えている。これからほめてもらっても命が続くかどうか」と、強い懸念を示した。小沢一郎幹事長については「何かというと選挙、選挙。選挙で損するか得するかを判断基準に政策を作ってはいけない」と批判した。

【関連記事】
菅氏「鳩山首相は4年続けるべき」
政権崩壊まっしぐら?「次は菅総理」黄門様の発言が波紋
民主の渡部氏、首相に「4年間頑張って」
日米首脳会談を「拒否」 対日不信に危機感薄く
渡部恒三氏、自民党は「家出老人の続出だ」
外国人地方参政権問題に一石

突然変異の「かわいい悪魔」 長野県辰野町・シダレグリ (産経新聞)
有休取得率70%へ=20年目標、消費刺激を期待-政府(時事通信)
共産委員長、結党以来初の訪米へ…NPT会議で(読売新聞)
新築の住宅やビル、省エネ基準適合義務化へ(読売新聞)
家庭の省エネ診断 訪問やネットでお気軽に(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。