スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<ミスさっぽろ>女子大生と会社員、2人に決まる(毎日新聞)

 第39代ミスさっぽろの審査会が24日、札幌市中央区で開かれ、藤女子大2年の清沢愛実(あみ)さん(20)=厚別区=と会社員の菅野陽子さん(24)=東区=の2人が選ばれた。「さっぽろ雪まつり」(2月5~11日)でお披露目され、4月から1年間、観光イベントで活躍する。

 応募者は前回から22人減の135人。102人が審査会に参加、面接を経て2人が選ばれた。清沢さんは「札幌のすてきなところを伝えたい」、菅野さんは「道内外の方に向けて札幌をPRしたい」と抱負を語った。【水戸健一】

<商標>「中原中也」の出願拒否 特許庁(毎日新聞)
首相動静(1月27日)(時事通信)
官房長官に与野党から批判=「斟酌理由ない」発言(時事通信)
官房長官の感覚おかしい=自民・浜田氏(時事通信)
<押尾学容疑者>保護責任者遺棄致死罪で起訴 裁判員裁判に(毎日新聞)
スポンサーサイト

東京地検、小沢氏を任意聴取(読売新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は23日午後、東京都内で小沢氏に対する任意聴取を始めた。

 特捜部は、土地代金に充てた4億円の収入を同会の2004年分の政治資金収支報告書に記載しなかったことへの認識や4億円の調達方法などを小沢氏から聞いていると見られる。

 同会は、04年10月29日、東京都世田谷区深沢の土地を購入。事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)(政治資金規正法違反容疑で逮捕)は、04年分の収支報告書に土地購入に使った4億円の収入などを記載しなかった疑いがもたれている。事情聴取の焦点は、小沢氏の関与の有無だ。

「マイルドセブン」にココア! タバコに含まれる驚きの「食品」(J-CASTニュース)
一票の格差 2倍超また「違憲」 広島高裁 国会、対応迫られる(産経新聞)
節分 本番間もなく 福升作り 三重・二見興玉神社(毎日新聞)
警察庁長官、平岡さん事件の捜査本部を激励(読売新聞)
<脳>運動で若返る マウス実験で証明(毎日新聞)

名護市長選、24日投開票=期日前、前回の1・5倍(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設受け入れの是非を争点とする同県名護市長選が24日、投開票される。新人で前市教育長の稲嶺進氏(64)=民主、共産、社民、国民新、沖縄社会大衆推薦=と、再選を目指す現職の島袋吉和氏(63)=公明支持=の無所属2人の争い。結果は5月までに結論を出すとしている政府・与党の移設先の選定作業に影響を与えそうだ。
 普天間移設をめぐっては、稲嶺氏は名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行計画に反対し、県外移設を主張。島袋氏は滑走路の沖合移動を条件に、辺野古への移設を容認する立場だ。島袋氏は自民党の支援も受けている。 

【関連ニュース】
「期限」の言葉は使わず=普天間で日本の検討見守る
6月上旬の日米首脳会談検討=普天間合意の場合
5月までに日米合意=普天間移設で首相明言
普天間移設の各党案、2月に延期=政府・与党検討委
5月結論、地元の同意なしも=普天間移設で平野官房長官

都議補選・島部選挙区は自民が民主破る(読売新聞)
<気候変動>「35年ごろ氷河消失」は誤り IPCC認める(毎日新聞)
屋上で警官「おい!」、万引き男?飛び降り死亡(読売新聞)
<訃報>大塚雄司さん80歳=元建設相、元自民党衆院議員(毎日新聞)
「経済的補償に重心を」=犯罪被害「あすの会」10周年-東京(時事通信)

雑記帳 IRISのロケ地・横手のかまくら、ソウルに出現(毎日新聞)

 昨年、韓国で爆発的な人気を呼んだ、韓流スター、イ・ビョンホンさん主演のドラマ「IRIS(アイリス)」のロケ地となった秋田県横手市のかまくらが22日、ソウル都心に出現した。

 ドラマ人気で韓国人観光客が急増している同市が、より多くの人を呼び込もうと伝統のかまくら職人3人を送り込み、地元の子供たちの助けも借りて二つのかまくらと多数のミニかまくらを作り上げた。

 この日、ソウルの最低気温は氷点下12度。雪がさらさらになり、ベテラン職人もかまくらを形作るのに一苦労。IRIS人気が続く間に韓国の「秋田・横手人気」もうまく固められますかどうか。【大澤文護】

【関連ニュース】
かまくら祭り:ろうそくの明かり彩る湯煙の街 栃木・日光
出会いふれあい:ふるさと情報 /東京
かまくら祭り:幻想 栃木・日光で始まる
奥日光湯元温泉雪祭り:開幕 氷の彫刻を展示 /栃木
いわて雪まつり:雪像製作始まる--小岩井農場 /岩手

外国人参政権への反対明言=亀井氏(時事通信)
<石川議員逮捕>通常国会目前の激震(毎日新聞)
首相が指揮権発動否定 小沢氏側土地問題 「潔白信じる」(産経新聞)
石川議員「起訴されないこと望む」=現時点で処分検討せず-鳩山首相(時事通信)
審理日未定の地裁ゼロに=新潟で公判期日決まる-裁判員裁判(時事通信)

小沢幹事長の公表文書全文<1>(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長が事情聴取にあたって公表した文書の全文は次の通り。

 平成22年1月23日陸山会への貸付等に関する経緯の説明 衆議院議員 小沢一郎

 

 本日は、午後2時ころより午後6時30分ころまで東京地検特捜部の要請を受けて事情説明をいたしました。

 今までは、検察官への説明前の段階だったので、発言を差し控えておりましたが、この機会に、新聞・テレビ等で報道されております陸山会の不動産購入とこれに関する資金の流れ等についてご説明いたします。

 【陸山会に4億円を貸し付けた経緯】

 秘書の数も増え、妻帯者も増えたので、事務所兼用の住居を提供したいと思っていたところ、秘書が本件土地を見つけてきて、これはいいのではないかということになりました。それで、秘書に不動産業者にあたらせたところ、土地売買代金額が金3億4000万円余りと決まりました。

 そこで、この土地を購入することになりましたが、当時陸山会の経理を担当していた秘書から各政治団体の資金をかき集めればなんとかなるが、そうすると各政治団体の活動費がほとんどなくなってしまうので、私に何とか資金調達できないかと言ってきました。

 そこで、私は自分個人の資産の4億円を一時的に陸山会に貸し付けることとしたのです。

 公表文書全文の<2>は こちら

経済、安保で質疑=衆院予算委(時事通信)
環境税、プロジェクトチームで検討へ=2月中にも設置-税調会長ら(時事通信)
ロシア、中国意識しアジア接近 加速する極東開発(産経新聞)
名護市長選、投票始まる=普天間移設に影響(時事通信)
<衆院予算委>午後に党首対決 谷垣総裁「政治とカネ」追及(毎日新聞)

前田日明氏「大仁田になれ」にムッ(スポーツ報知)

 民主党が今夏の参院選で比例代表の新人候補として擁立する元プロレスラー・前田日明氏(50)が19日、月刊誌「サイゾー 3月号」(2月18日発売)の企画で、民主党の藤末健三参院議員(45)と対談した。

 「格闘王」の異名を持つ前田氏と、ボクシングのプロライセンスを持つ藤末議員との“武闘派”同士が熱く語った。

 以前から親交がある藤末議員が、選挙活動について「メディアに露出するのはタダ。大仁田さんのように、有名な人はどんどん出るべき」とアドバイス。01年の参院選でマスコミでの多様なパフォーマンスで当選した、プロレスラーで元参院議員の大仁田厚氏(52)にならった選挙活動を勧めた。前田氏と大仁田氏はかつてともにプロレス界で活躍した同世代の人間だが、前田氏は大仁田氏に好印象を持っていない様子。思わず顔をしかめながらも「選挙費用を安くするため、できるだけ多くメディアに出ていきたい」と前向きに話した。

 前田氏は、半年後に迫る参院選へ「官僚政治の脱却」を強調。公共事業費に多大な資金が投入されている現状に「特別会計で、じゃぶじゃぶ税金が使われてる。政治の世界は、日本に残された、一番最悪なヤクザの世界だ」と、自民党政権時代から続く官僚政治を大批判。また、政界の情報管理を重要視し「日本CIAを作る」など、早くも前田流マニフェストを掲げた。

 政治資金問題に揺れる、民主党の小沢幹事長については「誰に聞いても『あれが問題になるんなら、問題にならない議員はいない』と話す。マスコミは毎日のように報じて、世論誘導している」と語気を強めた。

 【関連記事】
鳩山内閣不支持上回る…通常国会開会もついに「44.1%」
石川容疑者の弁護士、取り調べの全面可視化を要望
橋下知事が来年4月統一地方選へ“橋下グループ”公募
橋下知事“大阪統一グループ”公募へ

輸入新型ワクチンを20日に初の特例承認(医療介護CBニュース)
ビル転売で8億円脱税、暴力団組長ら逮捕(読売新聞)
衆院 代表質問で与野党が激しいヤジ合戦 あきれる声も(毎日新聞)
過去問再利用なし=センター試験(時事通信)
<センター試験>監督者のミス 信州大の14分早く始めた試験(毎日新聞)

「魚秀」が所得隠し1.2億円 ウナギ産地偽装の工作費(産経新聞)

 中国産ウナギの産地偽装事件で当時の社長らが有罪判決を受けた水産物輸入会社「魚秀」(大阪市中央区)が大阪国税局の税務調査を受け、平成21年3月期までの2年間で、所得1億2千万円の申告漏れを指摘されていたことが分かった。ほぼ全額が所得隠しと認定された。偽装工作に支出した謝礼や報酬が対象で、重加算税を含め数千万円を追徴課税されたもようだ。

 関係者によると、魚秀は中国産ウナギを「三河一色産」と偽装するための謝礼や報酬の名目で、魚秀と水産物卸売会社「神港魚類」(神戸市)の取引仲介に協力した東京の商社2社に約4千万円、偽装ウナギを買い取った神港魚類の担当課長に1千万円、箱の詰め替え作業を担当した高松市の水産加工会社元専務に1億円をそれぞれ渡していた。

 国税局は、商社2社と担当課長に渡した計5千万円は、全額が不正行為に関係する費用で損金算入できないと指摘。元専務に渡した1億円についても、詰め替え作業の人件費など一部を除き同様に損金算入を認めず、所得隠しと判断した。

 魚秀は「税務調査を受けたのは事実。国税当局の指摘に従って修正申告した」としている。

 一連の事件では、魚秀の当時の社長らが兵庫、徳島両県警に逮捕され、不正競争防止法違反罪で起訴された5人に対して昨年4月、神戸地裁で有罪判決が言い渡された。

【関連記事】
「借りたカネは返すな!」著者ら所得隠し指南容疑で逮捕 さいたま地検
ミサワホーム創業者ら8億円所得隠し 追徴3億円
名古屋の建設会社が2億9千万円所得隠し 工事代金を水増し請求
高騰の金、売却益1億6千万円隠す 不動産会社社長を告発
明治神宮が1億円申告漏れ 飲食費を別費目から捻出

小泉被告に死刑求刑…元厚生次官宅の連続襲撃(読売新聞)
阪神大震災 犠牲者追悼で「灯のつどい」 東京で開催(毎日新聞)
<山手線>東京駅で人身事故、運転見合わせ(毎日新聞)
未明、和歌山市でコンビニ強盗(産経新聞)
小沢氏説明の銀行出金は原資に足らない3億円 聴取応じる意向(産経新聞)

首相動静(1月15日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。(了)

石川議員の同期、「逮捕を考える会」結成(読売新聞)
岡山選挙区から出馬を拒否=自民・片山氏、県連要請に(時事通信)
未成年の患者が半数下回る―新型インフルで感染研推計(医療介護CBニュース)
<小沢幹事長>「近々中に理解得られる状況作る」(毎日新聞)
防腐剤作成中、ビーカー破裂=生徒11人が重軽傷-東京・巣鴨高校の爆発事故(時事通信)

<在宅酸素療法>過去6年間に26人死亡…厚労省が注意(毎日新聞)

 厚生労働省は15日、在宅酸素療法で酸素濃縮装置などを使用中の患者が、たばこの火などに引火して焼死するケースが相次いでいるとして、都道府県や業界団体に注意喚起を依頼した。団体のまとめでは、過去6年間に26人が死亡。厚労省は「高濃度の酸素を吸入中に火気を近づけるとチューブや衣服などに引火するが、正しく使用すれば安全な装置」としている。

 肺の疾患で酸素濃縮装置などを利用する人は約15万人。一般社団法人日本産業・医療ガス協会のまとめ(09年12月時点)によると、03年10月以降、在宅酸素療法の患者の自宅で起きた火災により26人が死亡、1人が重症のやけどをした。

 高齢者が多く、原因(推定も含む)は喫煙が13件と多いが、線香をつける時やストーブでも起きている。【佐藤浩】

【関連ニュース】
郵便不正:村木被告の初公判27日に 厚労省元局長
厚労省:事前評価など有識者が担当…補助金交付
臓器提供:親族への優先、厚労省が運用指針改正
無料低額宿泊所:厚労省、運営費助成へ 優良施設を選別
糖尿病患者:生活習慣改善で脳卒中が減少 厚労省調査

<ハイチ大地震>NGO「ハイチの会」ら募金活動 名古屋(毎日新聞)
<直木賞>白石一文さん、佐々木譲さんに 白石さんは初の親子受賞(毎日新聞)
杉浦容疑者、5丁所持=許可更新時、妻ら「問題なし」-居酒屋発砲事件・大阪(時事通信)
覚せい剤入りゴム袋、大腸内に7個…組員逮捕(読売新聞)
<鳩山首相>検察捜査に介入せず 改めて幹事長続投を容認(毎日新聞)

ハイチ地震、政府が500万ドル無償資金協力へ(読売新聞)

 平野官房長官は14日夕の記者会見で、大地震で被災したハイチに対する緊急支援策を発表した。

 500万ドルを上限とする無償資金協力を実施するほか、テントなどの援助物資(3000万円相当)を供与する。

 また、医療分野での支援を念頭にした現地調査のため、外務省と防衛省、国際協力機構(JICA)の職員で構成する緊急調査チーム(団長・四宮信隆ハイチ大使)を派遣する。

 平野長官は「被害者の方々にお見舞いを申し上げるとともに、一日も早い復興を祈念する」と語った。

小沢氏が潔白説明…「私も信じる」鳩山首相(読売新聞)
インド洋給油活動終了へ 防衛相が撤収命令(産経新聞)
<地震調査>家具固定せず、首都圏の4割強(毎日新聞)
白川郷の合掌家屋、初の耐震調査へ(読売新聞)
「被害受ける人に力を」=水面下の苦労大切に-博識、速い決断、池田・新警視総監(時事通信)

路面電車にはねられ男性死亡=広島(時事通信)

 16日午後5時50分ごろ、広島市中区舟入南の市道で、横断中の男性が広島電鉄の路面電車(1両編成)にはねられた。男性は市内の病院に運ばれたが、午後7時すぎに死亡が確認された。
 県警広島中央署によると、電車は男性を車両の下に巻き込んだという。乗客にけがはなかった。同署は男性の身元特定を急ぐとともに、事故原因を調べる。 

【関連ニュース】
踏切で快速電車に車衝突=遮断機破り突入か、1人死亡
ホームで吐き電車と接触=男子高校生が死亡
列車にひかれ4歳児死亡=埼玉県警
2歳女児、はねられ死亡=母親と横断中、目の前で

<連れ回し>知人女性と3人の娘を車で 24歳男逮捕 広島(毎日新聞)
児童相談所新設求め署名 大田区 都議会に請願書提出へ(産経新聞)
公明・山口氏「民主は自浄能力発揮を」 小沢氏側への捜索で(産経新聞)
JR西運転士を現行犯逮捕=女子高生のスカート内盗撮-滋賀県警(時事通信)
政治主導の人事加速、主要官僚の退任相次ぐ(読売新聞)

<訃報>春風亭栄橋さん70歳=落語家(毎日新聞)

 春風亭栄橋さん70歳(しゅんぷうてい・えいきょう<本名・山田昌男=やまだ・まさお>落語家)12日、パーキンソン病のため死去。葬儀は16日午前10時、東京都品川区西五反田5の32の20の桐ケ谷斎場。喪主は妻美津江(みつえ)さん。

 東京都出身。1957年、三代目桂三木助に入門し、その後六代目春風亭柳橋門下に。73年真打ち。日本テレビ系の人気番組「笑点」で初代司会者、立川談志さんの時代に大喜利メンバーとして活躍した後、長期療養を続けていた。

陸山会土地取引 「1億円は小沢氏側要請」水谷建設元幹部(毎日新聞)
橋下知事が発言修正「伊丹廃港15~20年後。近隣市町の合意不要」(産経新聞)
代替案などの意見を募集=ダムに頼らない治水で-国交省有識者会議(時事通信)
首相動静(1月15日)(時事通信)
小野前衆院議員が自民離党届提出、執行部は受理の方針(産経新聞)

「路上簡易買春」を摘発=大学生逮捕、警戒強化へ-神奈川県警(時事通信)

 出会い系サイトで知り合った高校1年の少女に路上でわいせつ行為をしたとして、神奈川県警少年捜査課と港北署は13日、児童買春・ポルノ処罰法違反容疑で、横浜市都筑区東山田、帝京大3年の大橋崇弘容疑者(21)を逮捕した。同課によると、「相手が未成年と知らなかった」と供述し、容疑を一部否認しているという。
 捜査関係者によると、男が少女と待ち合わせ、路地裏などでわいせつ行為をする「路上簡易買春」は件数は少ないが、増加傾向にあるという。
 件数は気温の高い夏場に多く、同課は春以降、路上の簡易買春が増加する恐れがあるとみて、警戒を強めるとしている。
 逮捕容疑は昨年7月7日午前0時50分ごろ、川崎市高津区の路上で、15歳だった少女に2万5000円を支払って、わいせつ行為をした疑い。 

【関連ニュース】
京都市消防局職員を逮捕=公然わいせつ容疑
中学教諭を再逮捕=わいせつ画像、被害約100人か
わいせつ行為、刑務官を再逮捕=男性受刑者に再三強要
高3男子を殺人未遂容疑で逮捕=女子高生の顔殴打、首絞める
わいせつ教員176人=過半数は教え子被害-08年度

債務整理整頓
よっちゃんいか
美容師の世界
エストニア語で日本のニュースを読む
まさひろのブログ

<糖尿病患者>生活習慣改善で脳卒中が減少 厚労省調査(毎日新聞)

 生活習慣の乱れなどが原因となる2型糖尿病患者が積極的な生活習慣改善に取り組むと、従来の治療だけを受けた患者に比べ、脳卒中の発症が少なくなることが、厚生労働省研究班(主任研究者=山田信博・筑波大学長)の大規模調査で明らかになった。9日、欧州糖尿病学会誌に発表する。生活習慣の改善が、合併症の減少につながることが証明されたのは、初めてという。【永山悦子】

 調査は、全国の医療機関に通う40~70歳の2型糖尿病の男女2033人を対象に実施。従来の治療を続ける群と、治療だけでなく適度な運動を取り入れたり、食べ過ぎないなど生活習慣の改善に積極的に取り組み、主治医の指導回数を増やしたり電話指導を受ける群に分け、96年から8年間追跡した。

 その結果、生活習慣改善群の脳卒中発症率が、従来治療群の6割にとどまった。両群の血圧、血中脂質、喫煙率などに差はなく、血糖値も調査開始2~5年目は生活習慣改善群がやや低かったが、最終的には同程度になった。運動量は、生活習慣改善群の方がわずかに多かった。一方、網膜症や心筋梗塞(こうそく)など他の合併症の発症率に差はなかった。

 糖尿病で高血糖状態が続くと、血管が傷つき、さまざまな合併症が起きる。太い血管で起きる合併症には脳卒中、心筋梗塞など、細い血管では腎症、網膜症、神経障害がある。

 これまでの研究で、検査値の改善が合併症発症を抑制することは分かっていたが、生活習慣の改善と合併症の関係を直接調べたデータはなかった。研究班の曽根博仁・筑波大教授は「脳卒中の大きな原因は高血圧と考えられてきたが、血圧が同程度でも両群に差が表れた点が興味深い。心理的なストレスなど従来の検査では測定されていない未知の要因が関与している可能性がある」と話している。

【関連ニュース】
<特集> 糖尿病口座
<特集> なくそう・減らそう糖尿病
<各地でライトアップ>世界糖尿病デー 各地でブルーライトアップ
立川談志:1月復帰を断念 糖尿病の治療に専念
糖尿病とは

かずこのブログ
ウクライナ語が出来れば人生変わる
クレジットカード現金化
無料携帯ホームページ
ショッピング枠現金化
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。